top of page
  • 執筆者の写真osk-system

『感覚』

最近 「頑張っている」という言葉の意味をすごく考え、感じる事があります。

それは、「頑張っている」と言われる時にはパターンがあるのではないかという事です。


自分の柄ではない、つまり自分に無理をしている時というのは、周りの人たちからすごく頑張っていると見られているのではないか、また 自分も頑張っていると思っているのではないだろうか・・・

そういう気持ちを持っている時は不思議なもので、自分の思っている結果も出ないし

うまくいかないものである。

自分の出来る事を精一杯している時、自分では「やっている」という感覚は薄い。

しかし、それが良い方向に行く様に感じる。

人に頑張っていると言われている時こそ、自分自身の方向が違っていたり、やっていると

いう空気感を出しているのではないだろうかと思う。

そんな時は、自分自身と向き合い、内観することが大事だと思います。


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

別れと出会い

時期はすこし遡りますが 共に頑張っていた仲間が退職しました。 社内のムードメーカーで元気な人でした。 これからは ご自身でやっていくと羽ばたいていきました。 頑張ってほしいと願います。 今年の春に新入社員が入社しました。 ナイスガイで気配り上手な新人さんです。 小さなことからコツコツと...西川きよしさんではないですが(古っ) 本当にコツコツと真面目に取り組む 真っ直ぐな姿勢に 背筋が伸びる思いで

Comments


bottom of page